No.0003

2004/11/30
ブダペスト便り

 東欧、旧共産圏と聞き、あまり物資がないのではと想像していましたが、郊外にはハイパーマーケットといわれる大型スパーが何軒もあり、その商品の多さと売り場面積の広さに驚きました。

 ハンガリー語はとても難しく、買い物をするのにも一苦労です。
 ハイパーマーケットなどでも、肉、魚、チーズ、ハム類などは対面式での販売です。そこで、豚肉のもも500グラムを注文する場合、ジェスチャーと筆談と、この肉の部位のボードを駆使して、なんとか店員さんに伝えます。

 このボードは、ぶたの他、牛、鶏、七面鳥がありました。

 ぶたのやや困り顔が気に入っています。

▼バックナンバーはこちら

閉じる■