Rose Jardin

このバラは庭に咲いているもの。
Rose Jardin(ガーデンローズ)
コロンとしたカップ咲きがとても気に入っています。

バラにはいくつか咲き方があります。
平咲き、丸弁抱え咲き、高芯剣弁咲き。
カップ咲き、クォーター咲き、ロゼット咲き、ポンポン咲きなどは、
オールドローズタイプと言われるバラに多く見られる咲き方。

そして、バラは大きく4つに分けられます。
@1867年に発表された”ラ・フランス”以前のバラ=オールドローズ
A”ラ・フランス”以降のバラ=モダンローズ
B原種のバラ=ワイルドローズ
C英国のデビッド・オースティンが、オールドローズとモダンローズを
交配させて作出したバラ=イングリッシュローズ

以前は、カップ咲き、ロゼット咲きのようなバラは、
庭に咲いているものだけで花店ではあまり手に入らなかったのですが、
最近ではますます技術が進み、多くの種類が出てきました。

それにしてもバラの歴史は古く奥が深いです。


オールドローズタイプのバラは、
ガーデンの中にいるようなナチュラルな感じと、
バラがもともと持っている高貴な雰囲気を兼ね備えていて、
このバラに初めて出会った時、
私の中の”バラ”の印象が一変しました。
コロンとした花の形。幾重にもなった花びら。
なんと魅力的な花でしょう。
それ以来バラはずっと、私のナンバーワン!の花なのです