Janvier


早春の花パンジーとヴィオラ。
霜が降りても強い。
もともと冷涼な気候に耐えるスミレから作られた花なので、
少しぐらいの寒さは大丈夫なのだそうです。

”パンジー”と言う名前、
フランス語の『Pensée』(思い)に由来することは、
よく知られていますね。
そうそう、どこかうつむきかげんに考えているみたいということで・・・

そして、花の真ん中に濃い模様がありますが、
これは”ブロッチ”といわれるもの。
最近では、このブロッチがない花も多いですね。
パンジー、ヴィオラも、
毎年新作新色が出てきて、私たちを楽しませてくれます。


新年を迎えて気持ちも新たに、
このヴィオラのように、寒さに耐え季節先取り!
一歩先を考えて暮らしていこう!と、思っております。

本年もどうぞよろしくお願い致します。