スロベニア(1)

ブレッド湖

ここブレッド湖は、旧ユーゴスラヴィアのチトー将軍の別荘地だったところで、オーストリアとイタリアとの国境に近い場所に位置します。

ユリアン・アルプスを背にして、エメラルドグリーンのブレッド湖が広がり、その湖には小さな島が浮かんでいてバロック様式の教会が建っています。

スロヴェニア人は、この土地を『陽の当たる側のアルプス』と呼び、このブレッド湖を『アルプスの瞳』と称します。確かに、とても美しく静かで、厳かな雰囲気の漂う湖の街でした。

教会へは手漕ぎボートで行きます。この教会の鐘楼の鐘を鳴らすと、願い事が叶う、という言い伝えがあるそうです。

ここでの名物料理は、カワマス。けっこうおいしかったですよ。