チェコ

プラハ

チェコの首都プラハ。私にとって、ここはぜったい訪れてみたい街の一つでした。

ブダペストからは、列車で6時間ほど。スロバキアとオーストリアを経由していくので、パスポートコントロールは片道だけでも6カ所もありました。車で行く場合も6時間はたっぷりとかかるようです。

私が訪れたのは初秋。とてもお天気の良い明るい日差しがいっぱいの日でしたが、なぜか、カレル橋を歩いたり、旧市街を歩いていると、とてもセンチメンタルな気分になってしまいました。

頭の中は、スメタナのあの曲(『わが祖国・ヴルタワ』)が繰り返し流れ、小説『プラハの春』の主人公カテリーナを想い、あたかもその時代に私も生きているかのような気持ちになってしまうのです。プラハに行くから、あの本を読まなくては・・・と思ったのがいけなかったようです。すっかりその気になってしまったし、またその気にさせる素敵な街なのです。

でもそのお陰で、また違ったプラハの思い出ができました。プラハに旅行される前には、ぜひ一読を。

プラハは世界遺産にも登録されています。チェコビールも美味!